OPEN LAB. -大学研究生まれのセレクトショップ- はコチラ

【徹底解説】アミノ酸と疲れにくい体

女性のアイコン画像女性

何だか最近疲れやすい

男性のアイコン画像男性

ちゃんと寝たはずなのにスッキリしない…

MID LAB.のアイコン画像MID LAB.

そんな声にMID LAB.がお答えします!

目次

アミノ酸とは?

アミノ酸はヒトのカラダを作るうえで欠かせない成分です。

ヒトの体は、主に水分とタンパク質と脂肪などで構成させれてますが、このうちタンパク質を生成するのがアミノ酸なのです。

アミノ酸についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

https://middle.openlab.co.jp/amino/

アミノ酸が不足するとどうなるの?

しっかりとした食事やサプリメントを摂ることでアミノ酸が不足することはありませんが、不規則な生活や偏った食事、過度な食事制限によるダイエットでアミノ酸が不足したりします。

筋肉量の低下、疲労の蓄積

  • 筋力の強化
  • スタミナの維持
  • 素早い疲労回復 

アミノ酸の中でも、これらに密接に関係するのが、分枝鎖アミノ酸(BCAA)と言われるバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のアミノ酸とグルタミン、アルギニンです。

その一部が筋肉内に蓄えられて、激しい運動をした時のエネルギー源となります。

さらにアルギニンは強靭な筋肉をつくるために必要な成長ホルモンの分泌を促します。

これらのアミノ酸が不足することによって筋肉量が低下してしまったり、疲労がなかなか抜けなかったりしてしまいます。

疲労を自覚する人がアミノ酸を摂取すると…

疲労を自覚する中年女性を対象に、4種のアミノ酸(ロイシン、グルタミン、アルギニン、プロリン)とビタミンの混合物(AVS1160)を摂取でどのような反応が現れるか検証を行ったデータがあります。

※産業疲労研究会(日本産業衛生学会)が定める疲労自覚症しらべ1)を用いて、疲労を自覚している中年女性11名(平均年齢51歳)を対象に、種のアミノ酸(ロイシン、グルタミン、アルギニン、プロリン)とビタミンの混合物(AVS1160)2.5gを5カ月間1日(夕食後、就寝前)に摂取してもらい、2ヵ月後、5ヵ月後に血液指標、疲労自覚の変化を調査した。

http://www.aminoevidence.com/wp-content/themes/aminoevidence/img/evidence/i014img01.gif


1)アミノ酸の摂取で疲労自覚の度合いと血中酸化ストレス度に改善がみられた。
2)疲労自覚の度合いと血中酸化ストレス度は相関している事が確認された。

…という結果が出ました。

アミノ酸(グルタミン)や ビタミンは、脳内の神経伝達物質の合成過程で必要であり、ビタミンの混合物の摂取で、脳内の神経 伝達物質の代謝をスムーズにし中枢性疲労の軽減に寄与した可能性が考えられます。

(出典:http://www.aminoevidence.com/amino-evidence/fatigue/

睡眠と疲労

 疲労感やダルさと質の良い睡眠には深い関係があります。

バランスよく栄養を摂取する事や程度な運動をする事と合わせて、睡眠をしっかり取ることも健康的な生活を送る上での基本の一つです。

特に脳の疲労回復をするには良質な睡眠が大事です。

しかしながら、「しっかり睡眠時間を取っているのにスッキリしない、充分寝た気がしない」、「昨日の疲れが取れていない」と感じる人も多いかと思います。

 なぜこのような事になるのでしょう?睡眠時間をきちんと確保する事も非常に大切ですが、良質な睡眠時間=「質」も大切なのです。

 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠がある事が知られていますが、レム睡眠は「体」の睡眠、 ノンレム睡眠は「脳」の睡眠とも言われています。

このノンレム睡眠の中でも、特に眠りの深い「徐波睡眠」と言う段階では、成長ホルモンが活発に分泌され、筋肉や皮膚の修復を促されます。

このより深い睡眠を増加させて睡眠の「質」を改善させることも、翌朝のスッキリ感や疲労回復に大きな効果があります。

味の素株式会社の調査によれば、日頃から睡眠に不満を持っている方々に、寝る前に非必須アミノ酸のグリシンまたは対照食を摂ってもらい、翌朝の「疲労感」を調査してたところ、グリシンを摂取したときのほうが、翌朝の目覚めがすっきりし、疲労感も軽くなることがわかりました。

Macintosh HD:private:var:folders:l5:vl_35tbs5tl8lykw_yf2q_d40000gn:T:TemporaryItems:200609-0001.jpg

(出典:https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/suimin.html

さらにグリシンには深部体温を下げる効果がある事が分かっており、スムーズに深部体温が下げる事によって入眠し、結果として良い睡眠がとれることにつながるのです。

グリシンは一日に数十グラムも体内で作られている非必須アミノ酸です。

例えば、コラーゲンを構成するアミノ酸の約3分の1はグリシンが基になっています。

日常生活での摂取する場合は、エビやホタテなどの魚介類に多く含まれている事が知られますが、不規則な食生活を送っている人には食生活の改善やサプリメントで補うことも良いでしょう。

まとめ

文頭でも述べた通り、しっかりとした食生活をおくる事でアミノ酸が不足することはありませんが、忙しい毎日を過ごしたり体質や生活習慣によって栄養バランスが欠けてしまう人も多いでしょう。

結果として、疲労感の増大や疲労回復に時間がかかり、さらなるストレスや疲労感を感じるサイクルに悩むこともあるかと思います。

日頃の生活にサプリメントで不足しがちな栄養素を補う事で疲労感を軽減し、明日からの活力を求めてみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる