OPEN LAB. -大学研究生まれのセレクトショップ- はコチラ

知ってトクする社会保険の知識【医療保険(健康保険)編】

みなさん社会保険には入っていますが、この社会保険って詳しく知っていますか?

保険には公的保険(社会保険)と私的保険(民間保険)があり、社会保険にはいろんな保険があるのです。

保険者は、保険制度の運用主体であり、保険の対象となっている人が被保険者となります。

被扶養者は被保険者の扶養家族(一般的に国内に住所があり、年収130万円未満でかつ、被保険者の年収の2分の1未満である人)が対象になります。

60際以上のまたは障害者については180万円未満の方が被扶養者になります。

今回はそんな社会保険の中でも医療保険について詳しく説明していこうと思います。

目次

公的医療保険

公的医療保険には、健康保険・国民健康保険(国保)・後期高齢者医療保険精度の3つがあります。

この3つの保険には家庭環境や年齢によって異なります。

健康保険

健康保険は、被保険者(会社員)とその被扶養者(被保険者の家族)に対して、労災保険の給付対象にならない病気や怪我、死亡、出産について保険給付を行う制度です。

健康保険の保険者

健康保険の保険者は2つあります。

  • 健康保険組合(組合健保):主に大企業の会社員
  • 全国健康保険協会(協会けんぽ):主に中小企業の会社員

被保険者が所属する会社の大きさによって対象の保険が変わってくるのです。

こちらは会社として加入しているので所属している会社に聞いてみてください。

保険料

医療保険の保険料は、被保険者の標準報酬月額と標準賞与額に保険料率を掛けて試算しており、こちらを会社と被保険者で半分ずつ負担します。

ちなみに協会けんぽの保険料率は都道府県ごとに異なります。また、組合健保の保険料率は一定の範囲内で組合が決めることも出来ます。

健康保険の給付内容

健康保険の主な給付はこちらになります。

先ほど紹介しましたが、労災保険の給付対象にならないことが前提となります。

  • 療養の給付、家族療養費
  • 高額療養費
  • 出産育児一時金、家族出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 傷病手当金
  • 埋葬料、家族埋葬料

療養の給付、家族療養費

日常生活(業務外)の病気や怪我について、診察や投薬等の医療行為を受けることができます。

被保険者の他に、被扶養者も同様の給付を受けることができます。

ただ、医療行為を受ける場合は以下のように一定の自己負担があります。

  • 小学校入学前は2割
  • 70才までは3割
  • 70才〜75才未満は一般所得者は2割、現役並の所得者は3割

高額医療費

月間の医療費の自己負担額が一定額を超えた場合、その超過額について請求を行えば、後から返金を受けることができます。

同一月や同一医療機関の窓口における支払額は、自己負担限度額までになります。

出典:https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/17/backdata/01-03-01-07.html

出産育児一時金、家族出産育児一時金

被保険者または被扶養者が出産した場合、1児につき42万円(産科医療補償制度に加入している病院等で出産した場合)が支給されます。

出産手当金

被保険者が、出産のため仕事を休み、給与が支給されない場合に、出産前の42日間、産後の56日間のうちで仕事を休んだ日数分の金額が支給されます。

計算式はこちらになります。

支給開始日以前12ヶ月間の各月標準報酬月額を平均した額÷30日×3分の2

傷病手当金

被保険者が病気や怪我を理由に会社を3日以上続けて休み、給料が支給されない場合、4日目から最長1年6ヶ月の間、支給されます。

計算式はこちらになります。

支給開始日以前12ヶ月間の各月標準報酬月額を平均した額÷30日×3分の2

埋葬料、家族埋葬料

被保険者が死亡した時、葬儀をした家族に対し、5万円が支給されます。また、被扶養者が死亡した時は、被保険者に5万円が支給されます。

健康保険の任意継続被保険者

被保険者が会社を退職した場合、健康保険の被保険者の資格は無くなりますが、一定の条件を満たせば、退職後2年間、退職前の健康保険に加入することができます。

この場合の保険料は被保険者が全額負担になります。

保険は自分のためにも、家族のためにも最低限は理解しましょう

今回は社会保険の中でも私たちに馴染みのある医療保険の中から健康保険について紹介しました。

これはあくまでも知っておかなければならない最低限の知識になります。

自分にも家族にも大切な保険は学校では教えてくれません。

自ら知識をえなければならないのです。

今回紹介したことも踏まえ、将来のためさらに知見を高めていってください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる