OPEN LAB. -大学研究生まれのセレクトショップ- はコチラ

【お洒落が台無し】夏場は特に注意!意外とみられている「ひじ(肘)」

MID LAB.のアイコン画像MID LAB.

ちょっと待ってきださい!あなたのひじはキレイですか?

これから夏にかけてTシャツなど薄着で外に出る季節になってきます。

肌が露出するので脱毛に気を配っていかなければいけませんが、思いのほか忘れてしまう部分ありませんか?

それがひじです

実は意外に人から見られている「ひじ(肘)」。

ひじは、自分からは見えない部分ですが、他人からはとてもよく見える部分なのです。

せっかくお洒落して外に出ても意外と忘れがちな「ひじ」がカサツキや黒ずみになっていたらお洒落を台無しにしてしまいます。

今回はそんなひじについて書いていきます。

目次

なぜ「ひじ」を気にするようになったのか

まずはなぜ、私がひじについて気にするようになったかをお話したいと思います。

それにはある日の出来事がきっかけでした・・・。

私は、日頃からお洒落は大好きなので通勤途中で見かけるお洒落な人や可愛い洋服の人を見かけると今度真似してみよう、参考にしてみようと考えるのが通勤途中の楽しみの一つでした。

ある日、少し離れた距離のところに素敵なスタイルで素敵な洋服の人を見つけ綺麗な人だな・・!私も真似してみたい・参考にしょう!!と思った時でした。

段々その方との距離が近くなってきたときに目に入ったのが「ひじ」でした。

カサツキと黒ずみがある「ひじ」が視界に入った瞬間、いままで素敵な人で参考にしたいと思った事がうそのように冷めてしまいました。

この瞬間に「ひじ」が自分からは見えないけど他人からはとてもよく見える部分だと気づきました。

それからは、お洒落を台無しにしてしまう「 ひじ」のカサツキと黒ずみにならないように毎日お手入れを欠かさないようになりました。

そんな出来事があり、に「ひじのお手入れ」をするようになりました。

「ひじ」のお手入れ

自分では気がつかないのでお手入れを怠りがちですが、毎日出来る簡単な習慣で

「ひじ」のカサツキと黒ずみを防ぐことができます。

ひじをつかない

頬杖をつく癖や寝そべってひじをついてゴロゴロテレビをみるこんな習慣を変えるだけもひじへの負担を減らすことが出来ます。

ひじの黒ずみの原因は、酷使することであり、こういった習慣を見直すことは大切です。

ひじをゴシゴシ洗わない

また、硬くなってしまった角質をゴシゴシ洗う事もNGです。

ひじの角質をゴシゴシ洗ってしまうと新しくできる皮膚までとってしまい、お肌にとってよくありません。

なるべくなら優しく洗うことを心がけてください。

保湿クリームでマッサージ

お風呂上りに腕全体にボディクリームを塗りマッサージを行ってください。

この後に「ひじ」にはボディクリームよりも保湿力のあるクリームを塗ります。

この時期は、外出前も“うで”に日焼け止めを塗りますよね。

その時にも保湿力のあるクリームを“ひじ”に塗ります。

こうすることで「ひじ」のカサツキは対処することができます。

自宅にあるもので「ひじ」ケアをしよう!

今回紹介した「ひじ」の手入れは自宅でいつも使っているもので行うことができます。

誰でも簡単に「ひじ」の手入れはできます。

半そでを着る今だからこそ“ひじ”ケアしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる