OPEN LAB. -大学研究生まれのセレクトショップ- はコチラ

【初心者向け】ライフプランの立て方

女性のアイコン画像女性

子供の成長は嬉しいけど費用がかかる・・・。

男性のアイコン画像男性

老後の蓄えが心配・・。

MID LAB.のアイコン画像MID LAB.

こんなお悩みを持っている方にライフプランの立て方を説明します!

目次

なぜライフプランを立てる必要があるのか?

人生のライフイベントの中でも大きな資金が必要とされる時があります。

  • 教育資金(子供の教育に関わるお金)
  • 住宅取得資金(家の購入などでかかるお金)
  • 老後資金(老後の生活に関わるお金)

この3つが主に挙げられ、3大必要資金と言われています。

一般的に結婚して、家を建てて、子供を授かって、老後を迎える場合、こういった3大必要資金がかかってきます。

その時に「資金がない!」「全然お金が貯まらない」といったことが内容にライフプランを立てることが必要です。

ライフプランを行う際に3つのツールを使います。

ライフプランを立てる際に便利な3つのツール

1、ライフイベント表

ライフイベント表というのはライフイベントとそれに必要な資金を時系列にまとめた表になります。

出典:https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/

ライフイベント表を作ることで、いつの時期にどんなイベントがあって、かかるお金はどのくらいかがわかります。

イベントを迎えた時に初めてお金を考えるのではなく、予め見える化することが大切です。

2、キャッシュフロー表

キャッシュフロー表とは、ライフイベント表と現在の収支の状況をもとに将来の収支と貯金額の予想をまとめた表のことをいいます。

出典:https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/

この表を作ることによって将来から逆算し、現在の収支の問題点を明らかにすることができます。

この表を作るにあたり、注意点があります。それは収入欄には年収ではなく可処分所得を記入するということです。

可処分所得というのは、年収から社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料)と所得税・住民税を引いた金額です。

3、バランスシート

バランスシートとは、現時点における資産と負債のバランスを見るための表になります。企業が決算時に公表する、B/Sと呼ばれる資料の家庭向けと思ったらわかりやすいと思います。

出典:https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/

この表を作ることによって現時点における状況が理解することができます。

ここでポイントなのが、資産と負債の金額は時価で記載するということです。

例えば、5年前に200万円で車を購入したとしても、その車を売却したら100万円であるという場合には、表には100万円と記入します。

車などは消耗品なので価値が下がるのが普通です。その時に当時の金額で売却することはできません。

現時点のバランスを見るための表なのでここでは、時価で記載してください。

ライフプランを立てて将来に備えよう!

今回紹介した3つのツールは、現在の収支を確認するうえでも、さらに将来に備えるために非常に大切なツールになります。

いつか必ず訪れるイベントに備えるためにもぜひ作ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる