OPEN LAB. -大学研究生まれのセレクトショップ- はコチラ

知ってトクする社会保険の知識【労災保険編】

女性のアイコン画像女性

労災保険っていまいちよくわからない

男性のアイコン画像男性

どういう場合に労災がおりるのかなぁ。

MID LAB.のアイコン画像MID LAB.

そんな疑問にお答えします。

労災保険は、労働保険の枠組みで、業務上や通勤途中(労働者た家と会社間を合理的な経路及び方法で往復した場合)における労働者の病気・怪我・障害・死亡等に対して給付が行われる制度です。

今回は労災保険について紹介します。

目次

労災保険を知る前に

先ほど紹介した通勤途中に関して、通勤の途中で寄り道をした場合には、寄り道をした後に正規のルートに戻ったとしても通勤として認められません。

しかし、日常生活を送るにあたり、必要な寄り道については、正規のルートに戻った後は通勤と認められます。

つまり、会社から家に帰る途中にスポーツジムに寄った場合は、通勤として認められませんが、食糧を買うためにスーパーに寄った場合は認められます。

労災保険の対象者

全ての労働者(アルバイト・パートタイマー・日雇い労働者・外国人労働者)が対象になります。

原則として1人以上の労働者を雇用する事業所は加入しなければなりません。

一方で経営者である社長や役員(取締役)は労災保険の対象外となります。ただし、使用人兼務役員は労災保険の対象です。

保険料

事業の内容ごとに保険料率が決められます。保険料は全額事業主が負担することになります。

給付内容

給付内容は様々あり、その時の状況によって異なります。

また、労働者が病気などで休業した場合、4日目から給付基礎日額の60%が支給されます。

出典:月刊総務 https://www.g-soumu.com/dictionary/2010/03/post-154.php

特別加入制度

社長や役員、自営業者などは、労働者ではないため労災保険の対象外になりますが、一定の場合には、労災保険に任意加入出来る制度があります。

例えば、労災保険の適用を受けない中小企業主や、労働者としての側面が強い個人タクシー業者、大工などがこの制度が適用できます。

まとめ

みなさんにとって最も身近な保険である労災保険。

どういった条件で保険適用されるのかを説明しました。

いざという時のために改めて学んでください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる