OPEN LAB. -大学研究生まれのセレクトショップ- はコチラ

【健康生活】カラダや美容に大切なビタミンとは

いつまでも健康的なカラダでありたい。

そんな願望は誰しもあるかと思います。

これまで栄養素について説明していきましたが、今回はその中でもビタミンについて説明していこうと思います。

目次

ビタミンとは

ビタミンは、タンパク質・脂質・炭水化物(糖質)・ミネラルと並んで五大栄養素のひとつになります。

ただし、ほかの栄養素と異なり、エネルギーやカラダの組織をつくるのをサポートしたり、生殖機能や免疫機能などのカラダの機能を維持する作用がある有機化合物になります。

また、いろいろな生理機能の維持に努めたり、エネルギーやカラダの組織をつくるための代謝に関わってきます。

各ビタミンの役割

では、実際にビタミンの役割について説明していきます。

三大栄養素であるタンパク質・脂質・炭水化物(糖質)の代謝をサポートするビタミンとして、ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシンなどがあります。

血管や皮膚、骨などの健康維持に関わるサポートをしてくれるビタミンには、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンB6などがあります。

抗酸化作用を持つビタミンに、ビタミンA・ビタミンE・ビタミンCなどがあります。

ビタミンの種類

ビタミンは、微量栄養素ともいわれ、必要な量は少ないですが、その量が体内で不足してしまうとビタミン欠乏症を起こしてしまう危険性があります。

カラダの中で合成できるビタミンも多いですが、一般的に足りないため、食品やサプリメントなどから摂取する必要があります。

人間にとって必要なビタミンの種類は13種類あり、この13種類のビタミンは大きく2つのグループに分けられることができます。

脂溶性ビタミン

ひとつめの脂溶性ビタミンは、油脂に溶けるけど、水に溶けないビタミンです。

脂溶性ビタミンには以下の4種類があります。

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

これらのビタミンは、摂り過ぎてしまうと、肝臓などの臓器に蓄積されて過剰症を引き起こす場合があるので、過剰摂取には注意が必要です。

水溶性ビタミン

もうひとつは、水溶性ビタミンです。

水溶性ビタミンは、水に溶けやすく熱に弱いビタミンになります。

水溶性ビタミンには以下の9種類があります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • ビタミンC

こちらのビタミンは、一度に多く摂取しても必要のない分は排出されるため、過剰性の心配はほとんどありません。

しかし、カラダの中に蓄積できないので、毎日摂取する必要があります。

そのほかのビタミン

ビタミンと似たような働きを持つ有機化合物があり、それをビタミン様物質といいます。

なぜ、ビタミンに含まれていないかというと、カラダの中で合成することができ、栄養素として摂取しなくても欠乏症の心配がないからです。

しかし、ビタミン様物質を十分に摂ることによって、代謝をサポートしたり、カラダの機能を正常にしたりする働きが期待できます。

ビタミン様物質には以下の物質などがあります。

  • コエンザイムQ10(ユビキノン)
  • α-リポ酸
  • イノシトール
  • ヘスペリジン(ビタミンP)
  • カルニチン(ビタミンBt)
  • コリン
  • ビタミンU
  • ビタミンF(必須脂肪酸)
  • パラアミノ安息香酸

CMなどで人気のコエンザイムQ10は脂溶性で、エネルギーの生産に関わり、抗酸化作用があります。

α-リポ酸はエネルギーを促進させる働きや、こちらも抗酸化作用が期待できます。

ヘスペリジンはビタミンCの働きを助けて、毛細血管を強化する働きがあるといわれています。

コリンは脂質の代謝を助け、高血圧や脂肪肝の予防に期待ができます。

ビタミンについてのまとめ

このようにビタミンは多くの種類がありますが、その中でも人間にとって必要な13種類のビタミンに対しては、効率よく摂取する必要があります。

不足してしまうと、ビタミン欠乏症を引き起こしてしまい、カラダに不調をきたしてしまうこともあるのです。

基本的に食事からビタミンを摂るように心がけ、不足分はサプリメントなどで補うことが良いと思います。

いつまでも健康的なカラダになるためにはビタミンの摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる